弁護士費用 – 刑事事件

刑事事件の弁護士費用をご説明します。

刑事事件

  • 弁護士費用は、法律相談料・着手金・報酬金・手数料及び日当とします。
  • いずれも税抜表示です。
  • そのほか、事件処理に要する実費(収入印紙代・郵便切手代・謄写料・交通通信費・宿泊料・保証金・供託金その他)を、お支払いいただきます。

1. 法律相談料

30分ごとに5,000円
ただし、初回相談時は、30分まで無料とします。

2. 着手金・報酬金・手数料

(1) 被疑者段階から受任する場合

  着手金 報酬金
自白事件 30万円
追起訴1回あたり10万円加算
不起訴 30万円
略式命令 25万円
起訴された場合
 執行猶予 20万円
 求刑の8割以下 10万円
 保釈請求が認められた場合 10万円
否認事件 60万円
追起訴1回あたり10万円加算
不起訴 30万円
略式命令 25万円
起訴された場合
 無罪 60万円
 執行猶予 20万円
 求刑の8割以下 10万円
 保釈請求が認められた場合 20万円
  • ※事案の難易に応じて増減額します。

(2) 被告人段階から受任する場合

  着手金 報酬金
自白事件 20万円
追起訴1回あたり10万円加算
執行猶予 20万円
求刑の8割以下 10万円
保釈請求が認められた場合 10万円
否認事件 60万円
追起訴 1回あたり10万円加算
無罪 60万円
執行猶予 20万円
求刑の8割以下 10万円
保釈請求が認められた場合 20万円
  • ※事案の難易に応じて増減額します。

(3) 裁判員裁判対象事件の場合

  着手金 報酬金
自白事件 150万円
公訴事実3件目以降 1件あたり10万円加算
追起訴1回あたり30万円加算
公判期日4日目以降 1日あたり10万円加算
無罪 100万円
執行猶予 100万円
求刑の8割以下 30万円
保釈請求が認められた場合 20万円
否認事件
  • ※事案の難易に応じて増減額します。

(4) 少年事件

着手金 報酬金
20万円~50万円 20万円~50万円
  • ※事案の難易に応じて増減額します。

(5) 告訴・告発

公訴事実1件あたり手数料20万円